プロミスで借りるのは消費者金融を使う上で基本とも言える選択肢

プロミスで借りるのは消費者金融を使う上で基本とも言える選択肢

MENU

消費者金融で借りるならプロミス

お金を消費者金融で借りるとするなら、プロミスのカードローンから考えてみると良いでしょう。プロミスは申し込みを行ったその日のうちの最短即日融資にも対応をしているので、すぐにお金が必要でも素早く借りられるために助かります。

 

消費者金融でも頼れるプロミス

 

来店をすることなく、店舗や契約機を利用せずに銀行振り込みでも現金融資が受けられ、なるべくなら周りに見られずに契約を行いたいといった方でも安心ができます。申し込み自体もネットでスマホでも行えるので、外出先、仕事の休憩中に申し込みを進めるとしても誰にも見られません。

 

パソコンで申し込みを行う際には画面を見られないように気をつけなければなりませんが、家族に見られない自分の部屋で申し込みを進めるなどであれば問題はありません。ネットでの申し込みなら審査結果の連絡はメールや電話となるので、手間がかからないのも大きな利点といえます。

 

プロミスのネット申し込みの強み

インターネットでの来店不要のWeb申し込みは、プロミスのサービスを最大限に活用する上で外せないポイントです。ネットでの申し込みであれば審査回答は最短で30分となり、申し込み完了から30分程度で審査結果の連絡が届く早さが魅力です。

 

審査の結果では借りられるかどうか、借りられるとしてもいくらの限度額、つまり貸付枠となるのかが伝えられ、早めにいくら借りられるかが分かればその後の資金計画も立てやすくなります。もし審査結果が希望通りにならない審査落ちとなってしまっても、回答が早ければ次の手を考えられます。

 

これが審査回答まで数日間も待たされるようであると、待ったのにお金が借りられずに無駄な日数を待つこととなってしまいます。しかしプロミスなら最短30分回答の審査時間となっているため、借りられないとしても次の借り入れ先を探す、他の方法で現金を調達するといった手はずが整えられます。

 

審査回答が早いのは利用者によって、借りる側にとっては大きなメリットとなるので、基本的には早い手続きとなる消費者金融の中においても、プロミスは素早く最短即日で借りたい、なるべく早くにキャッシングを利用してお金を借りたい方からの人気が高い、評判や評価が良いのも納得です。

 

借り入れは最短1時間対応

審査だけでなく借り入れも早いのがプロミスの特徴です。申し込み後の審査時間は最短30分の回答で、審査結果がOKであれば契約、そしてプロミスからの融資実行と借り入れといった流れになります。

 

借り入れに関してはプロミスでは最短1時間となっており、非常に早く優秀なスペックと言えます。消費者金融の中でも最短1時間は業界最速の水準で、とにかく急ぎでお金が必要でも来店不要の銀行振り込み融資もスピーディな対応を取ってくれます。

 

多くの消費者金融がある中でプロミスが人気となっているのは、早さと手軽さ、そして親しみやすさもあるでしょう。早いだけなら消費者金融大手のアコムやアイフルもhttp://www.consumer-loan.jp/のサイトにあるように最短30分審査、最短1時間回答で同内容ですが、それでもプロミスが人気なのは理由があります。

 

女性の方でも利用がしやすくなっているレディースプロミスのサービスや、コミカルな演出で目を引くTVCMなど、プロミスは多くの方にとって身近な存在になりつつあります。初めてプロミスで借りる方はメールアドレスとWeb明細の利用登録で30日間無利息ともなるので、早さだけではないのがプロミスの強み、魅力、良さとなっているのです。

 

契約後に気をつけたいこと

手間をかけずに手軽に手続きが行える来店不要のWeb契約は、誰にも会わず見られずに借りられるために内緒で借りたい、秘密でキャッシングを利用したい方には助かる手続き方法となります。ただ、Web契約は契約後の流れに注意が必要で、プロミスの契約自体は内緒で行えたとしても、契約後の郵送物で家族に借り入れがばれる可能性があります。

 

というのも、プロミスのWeb契約を行うと、後日に自宅に本人限定の受け取り郵便でローンカードが届けられます。契約後の借り入れや返済をプロミスATMやコンビニ、金融機関等の提携ATMで行うためのプロミスカードが郵送され、封筒や中身を見られると借り入れがばれてしまう危険性があるのです。

 

一応はプロミス側もプライバシーを守ってくれているので、封筒の差出人にはプロミス名は使っていません。パルセンター名義での郵送となるので封筒を見ただけではプロミスからの郵送物とは分かりませんが、パルセンターがどこなのかをネットで検索し、調べられてしまうと、プロミスからの郵送物とばれてしまいます。

 

自宅には自分ひとり、郵送物が届いても家族に見られずに受け取れるといった場合であれば問題はありませんが、封筒を家族に見られる可能性がある、管理がされているといった家庭状況の方はプロミスのWeb契約には気をつけなければなりません。

 

郵送物なく契約を済ませるなら

Web契約となると後日に郵送物が届けられるのは仕方がなく、カードレスでの契約とすれば話は別ですが通常のプロミスのカードローンのWeb契約を行うと、どうしても自宅宛に届けられてしまいます。郵送物を避けてプロミスでの契約をしたいなら、Web契約ではない方法を取らなければなりません。

 

簡単に言ってしまえば後日にカードを郵送させない、自分から受け取りに行けばいいだけで、日本全国に設置があるプロミスの契約機まで足を運び、その場でカードを受け取れば後日の郵送はなくなります。

 

プロミスは利用明細のWeb交付にも対応をしており、契約後のカードの郵送さえ防げば自宅宛の余計な郵送物はなくなります。返済に遅れてしまう、何らかの利用におけるトラブルを起こしてしまうといった場合であれば別ですが、正常に借り入れと返済を進めている限りはパンフレットや案内などの余計な郵送物も基本的には届きません。

 

契約機なら土曜や日曜、祝日でも営業をしているのも大きな魅力、利点であり、銀行振り込みの時間外となってしまう14時以降や週末でもプロミスのキャッシングを最短即日で利用開始できるのも強みです。

 

契約機の設置情報はプロミス公式サイトで確認をしておく必要がありますが、大体の設置場所を調べるのであれば外部の情報サイトが便利です。申し込みから審査までの流れ、基準や早い契約の方法なども詳しく確認ができるサイトであればより良いプロミスのキャッシングにも繋がります。

 

地域にもよるのですが例えば福岡市でのプロミスの契約機の利用を考えるならhttp://www.cardloan-prm.com/fukuoka/fukuoka.htmlのページを見ておくと、無駄なくスムーズな契約とカードの受け取り、借り入れが可能ともなります。

 

必要書類はしっかり確認

プロミスの契約を進めるにあたっては、必要書類を事前に確実に確認をしなければなりません。ネットで申し込みを行った後の審査結果のメール連絡時には契約に必要な書類が書かれているので、漏れや不備がないようにするためにも目を通しておきましょう。

 

ネットでのプロミスの申し込みの強みはここにもあり、審査結果の連絡時に必要書類が確認できるので無駄がありません。これが店舗や契約機での申し込みとなるとその場で必要書類を告げられるので、用意ができていないとそのままの契約が行えなくなってしまいます。

 

プロミスの契約機でも申し込みは行えるのですが、より早くに無駄なく滞りなく契約を進めたいと考えるなら、契約機の利用であっても申し込みはネットから行っておくのが基本です。しっかりと基本を抑えてプロミスの申し込みを進めれば、平日も土日も消費者金融の中でも頼れるキャッシングの利用を可能としてくれます。